CAE初心者でもすぐに使いこなせるスマートプリポスト

CAE経験の浅い方でもご利用いただける操作画面(GUI)

  • HOME
  • CAE初心者でもすぐに使いこなせるスマートプリポスト

解析(CAE)ソフトの導入に失敗する事例は後を絶たない

「薦められたCAEソフトを導入したが、使いこなすことが出来ずに思うように仕事に活かせなかった・・・」
企業間の競争は国内外を問わず激化する一方で、その影響を受けて設計段階から解析(CAE)をおこなうことは近年ますます要求が高まっているにも関わらず、このような失敗経験を持つCAE初心者が後を絶ちません。それは何故でしょうか?

従来の解析(CAE)ソフトの画面はまるでコックピット

これまでもCAEソフトはありました。しかしその多くは導入しても運用で失敗に終わっています。
何故なら、その中身は解析を専門にしているCAE解析者視点の発想で開発されたものだからです。
従来の解析ソフトの操作画面はまるで飛行機のコックピット。設定項目が多く、いったい何をどうしたらよいのかCAE初心者には容易にはわかりません。また、おこないたい解析の場合はどれとどれを設定し、どれとどれは設定してはならないなど、専門知識も操作に必要でした。CAE初心者にとって解析(CAE)はただでさえ専門的で領域が違うのに、そうやすやすと使いこなすことが出来るものでしょうか。

スマートプリポストを支える2つの秘密

MPICは従来の解析(CAE)ソフトの常識を打破したスマートプリポストを搭載し、ユーザから高い評価を得ています。
そのシステムを支える2つの重要な秘密があります。

秘密1 ダイレクトCAE(徹底的なユーザ視点の設計思想)

MPIC(エムピーアイシー)の「ダイレクトCAE」とも言うべき開発思想が、従来のCAEソフトで良しとされてきたプリポスト(一般的に言うと「ユーザインターフェース」のこと)の再定義へと導きました。
従来のCAEソフトのプリポストはまるで飛行機のコックピットのような設定項目の多さ。その暗黙の業界ルールとすら思えるプリポストは、時にむしろ知の自慢とすら誤解されるほどでしたが、MPICはその固いルールを打破し、必要な設定項目が必要な時だけ表示される姿へと結実させました。

秘密2 AMPSソルバのSefea™テクノロジー


MPICに搭載されているAMPSソルバSefea™(Strain – Enriched FEA 法)は、CADシミュレーションで一般的な低位4ノード4面体要素専用に開発された最新の有限要素定式で、MPICのスマート解析システムの底辺を支える強固なテクノロジーです。
二次要素と同等の精度をより少ない演算コストで中間ノードのノイズも無くより強固に実現できます。そのため一次要素レベルでも充分に精度の良い計算が可能となり、迅速な計算を可能としますので、操作の速さと共に、計算スピードも速くなります。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.