機械設計向けミッドレンジ3次元CAD、IRONCAD

装置・治具などの機械設計と親和性の高い3D CAD

  • HOME
  • 3D CAD、IRONCAD(アイアンキャド)

機械設計向けミッドレンジ3次元CAD、IRONCAD

MPICは3D CADのIRONCADにアドインしてご利用いただくCAE解析ソフトウェアとして誕生いたしました。
本ページではそのIRONCADについてご紹介いたします。

3D CAD、IRONCADとは

IRONCAD (アイアンキャド) は、低価格でありながら高性能なミッドレンジクラスの 3D CAD で、特にFA分野の設計において設計スピードの加速と大幅な工数削減が可能な必携の3D CADです。
その操作性や高機能な設計環境は高く評価されており、世界中のユーザから高い評価を得続けています。

設計者に常に立脚するIRONCAD

IRONCADの設計者に立脚する思想は徹底されています。例えば、「カタログ」というCADデータのパーツコレクションがあるためゼロからの開発が不要で、ユーザへスピーディーなモデリングを提供します。
また、「拘束」を必要としない画期的な配置ツール「Triball(トライボール)」がユーザの思考を余計な設計マネジメントから解放し、発想したモデリングを次々に試していけるという、人の思考の流れを遮らないヒューマン・ウェイなモノづくりがおこなえます。
IRONCADは、このような独自システムによって極めて高速なモデリングをCAD設計者へ提供します。

また、IRONCADはパーツとアセンブリを同一に扱えるため「構想設計」に適しており、CADユーザが思いついたアイデアをすぐ形にしていける点も魅力です。
操作は非常に簡単かつシンプルで、拘束型経験者の3D CADユーザも、CADが初心者のユーザも、いずれも習得までの時間が短期間で済むため、失敗しがちな3D CAD導入・運用が多い中、IRONCADならば3D CADの導入から教育、そして実際の運用利用開始まで、極めて短いリードタイムで成功に導くことが出来ます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.